咬み合わせ・顎関節症

顎の位置を診査・診断することによって、
「適切な咬み合わせ」が実現できる。

「適切な咬み合わせ」の大切さ

「適切な咬み合わせ」とは、全ての歯に無理がなく、力がかかり、また顎の位置も無理がない安定した状態で、歯、歯周組織、顎関節にバランスよく力がかかり、永く安定したものです。左右にずれがなく、前歯と奥歯がしっかり咬み合っている状態のことです。

すべての治療を「正しい顎の位置」とは何かと考えた上で行います

たとえば歯を削るとき、詰め物をするとき、被せ物をするとき、インプラントをするとき、入れ歯をつくるとき――これらの治療は天然歯の形を変えたり、代わりの人工物に置きかえるわけですから、「適切な咬み合わせ」へと改善するチャンスでもあるのです。
逆に言うと、咬み合わせを考えずに削る、被せ物をするという行為は咬み合わせを改悪する可能性をはらんでいるということでもあります。

 

ですから当院では、たとえ一見咬み合わせに問題がなさそうである患者さまにも、きちんと咬み合わせのチェック・改善を行い、「正しい顎の位置」を考慮した上で、削る、詰める、という処置をするようにしています。

フェイスボウを用いた咬み合わせチェック

患者さまの咬み合わせを診断する際、フェイスボウを使用することで上顎の位置、顎関節の位置の診断精度をより高めます。

 

※写真は咬み合わせチェックの一例です。

顎関節症の原因と症状

原因

咬み合わせのずれた状態での、歯ぎしり、咀嚼の癖、姿勢や頬杖の癖など、さまざまなものが挙げられています。

症状
  • 顎の痛み
  • 開閉時の音
  • 開閉時にひっかかる感覚がある
  • 顎周辺の筋肉のコリ、腫れ

咬み合わせと顎関節症の関係

咬み合わせというものは、必ずしも「顎にとっての正しい位置」ではありません。咬んだときに収まりのよい位置へと移動する場合があります。
顎関節症の原因の一つとなり得ます。

 

当院では、咬み合わせにおける根本的な問題解決として、「正しい顎の位置」を考慮した上で歯を治療する。(詰め物や被せ物をする、咬み合わせの調整、インプラントや入れ歯をつくる、ということを大切にしております。)

bnr_side.png