歯科口腔外科・インプラント・親知らず抜歯・入れ歯

安心・安全の期待にしっかりと応え、
美しさを長持ちさせる「インプラント」と「入れ歯」。

歯科口腔外科とは

歯科口腔外科とは、虫歯と歯周病以外のお口の疾患の外科処置全般を指します。
ここではその中でも特に「インプラント」「親知らずの抜歯」「入れ歯」についてご紹介します。

インプラント

虫歯や歯周病、または事故などにより歯を失ってしまったときに、インプラントという人工物を手術において埋入し、その機能の回復を目指します。

インプラントのメリットとデメリット

メリット
  • 入れ歯やブリッジと違って、顎の骨に固定する為、噛む力が回復し、違和感なく、固い食べ物でも噛むことができるようになります。
  • ブリッジのように隣の健康な歯を削らずに治療が可能です。
  • 天然の歯に近い為、見た目も良い。
デメリット
  • 手術が必要となり、入れ歯やブリッジと比べると費用が高額です。
  • 骨量が少ない場合は、インプラント手術が出来ないケースもございます。(※しかし、骨を作る手術を行えば、インプラントを埋入することが可能なケースもあります。)

当院のインプラントの特徴

術前に必ず行う歯科用CTでの撮影

3D(三次元)の立体画像で顎の詳細な情報が得られる歯科用CTを院内に設置し、安全性を最大限高めます。

 

咬み合わせを考慮したインプラント

インプラント埋入の前に咬み合わせの現状をしっかりと検証し、美しさはもちろん、咬み合わせを改善することで、インプラント自体も長持ちします。

 

顎の骨の量・厚みが不足しているケースに対応できる

顎の骨の量・厚みが不足している場合でも、当院では「ソケットリフト」や「GBR(骨誘導再生)」、「抜歯即時埋入」と呼ばれる外科手術で対応できます。
骨の厚みを取り戻し、インプラント埋入が可能となる場合があります。

入れ歯

レジン床入れ歯

床部分をピンク色のレジン(歯科用プラスチック)でつくった保険適用の入れ歯です。
床部分が厚くなってしまいますので使用時の違和感は避けられませんが、少しでも使いやすいものをおつくりするよう努めております。

金属床入れ歯

床部分を金属(チタンやコバルトクロム)でつくった保険適用外の入れ歯です。
薄くつくることができますので違和感を大幅に抑えられます。力が加わっても入れ歯がたわむことなく、しっかりと噛めます。
また、熱の伝導性に優れ、温かいものを温かく、冷たいものを冷たく飲食していただけます。

バネをかけた歯に負担をかけない部分入れ歯

当院では、周囲の残存歯に負担をかけてしまうバネをかけた歯に負担をかけない部分入れ歯をおつくりします。天然歯を健康に永く残すことで、入れ歯もまた快適に、永く使用することができます。

親知らずの抜歯

親知らずの中でも特に「斜めに生えている/斜めに埋まっている」ケースは、抜歯をした方がよい可能性が高いといえます。
斜めに生えているということは、そもそも歯としての正しい機能(向いの歯と噛み合う)を十分に果たせません。
また、親知らずはブラッシングが難しく、虫歯や歯周病のリスクも高いといえます。

 

抜歯後の腫れはほとんどの方が一週間以内で治まります。
日常生活に支障があるという場合にはタイミングを見計らって抜歯しますので、ご相談ください。

当院の親知らずの抜歯の特徴

痛みと腫れの少ない抜歯

麻酔薬の投与は、電動注射器で行います。
一定の速度で注入することで、痛みが和らぎます。術後にはCO2レーザーを当てることで、痛み・腫れを抑制します。
その他、痛みと腫れを最小限に抑えるためにさまざまな工夫を取り入れております。

 

歯科用CTで難しい抜歯も安全に

歯科用CTでの検査では、親知らずの位置や大きさはもちろん、向きや根の形状も三次元的に知ることができます。特に難症例の抜歯を安全に行うためには欠かせない機器です。

bnr_side.png