予防歯科

「虫歯・歯周病になりにくいお口」はつくることができる。

予防歯科の大切さ

毎日のブラッシングを欠かさずしっかりと行っている――これは非常に大切なことですが、ブラッシング方法が間違っていたり、歯や歯ぐきが弱っている場合、またより確実に予防するためのケアには十分とはいえません。
クリニックでの「定期的な予防」と、ご自宅での「毎日の予防」を組み合わせて、歯と歯ぐきに優しく、より確実な予防に努めましょう。

クリニックで行う予防歯科

治療メニュー

1. 歯垢の染め出し(歯周ポケットの診査、ダイアグノデント)

染め出し液にて、プラークの残存状況を確認します。どこが磨けていないかをチェックします。

 

2. アドバイス

染め出しによって患者さまの「苦手」を明らかにし、患者さまに合った歯ブラシのご提案、ブラッシングやフロスの方法をアドバイスさせていただきます。

 

3. クリーニング(PMTC、超音波スケーラーなど)

染め出しによって磨き残しのある部分はもちろん、歯間、歯周ポケット、奥歯の裏側など、ご自宅でのブラッシングでは汚れを除去しきれない箇所を徹底的にきれいにします。歯科のプロによって行われる、特別な歯面清掃です。1秒間に数万回の微振動を発生させる「超音波スケーラー」での歯石除去や歯の表面に付いた着色を除去してキレイにする「PMTC」などを行うことで、治療後の歯面はつるつるになり、プラークや汚れが付着しにくくなります。

 

4. シーラント、フッ素塗布等

歯科用プラスチックやセメントを使用して虫歯リスクが潜む溝を埋める「シーラント」等、患者さまのお口の状態に合わせて最適な処置を行います。
必ず処置内容の説明をした上で、ご同意をいただいてから処置へと移りますので、ご安心いただければと思います。高濃度のフッ素を、歯に直接、安全に塗布します。歯質が強化され、虫歯予防に効果的です。

 


また、当院では患者さまのご希望や必要に応じて以下の処置・検査も行います。

唾液検査

数ある唾液検査の中でも精度の高い、オーラルケア社の唾液検査キットを採用しております。
口内に潜む細菌の数・種類、唾液の量・質をデータ化し、予防に役立てます。

歯周病検査

バナペリオというキットを使い、簡単に歯周病の検査が行えます。
口内の歯周病菌の有無を確認し、その後の予防・治療に役立てます。

ご自宅でできる予防歯科

ブラッシング

歯並びや口腔の形状によって、ブラッシング方法も変わります。
歯ブラシの選び方、使い方をしっかりとアドバイスさせていただきます。

フロス

歯ブラシではどうしても除去しきれない歯間のプラークを見事にキャッチします。
お子さまにはハンドル付きの「フロスエイト」をお勧めしております。

歯周病予防・治療について

歯周病は、自覚症状がなく重度まで進行する点に恐ろしさがあります。
痛くないから、とずっと放置されたために抜歯せざるを得ないほどにまで進行するケースが多々あります。

「何ともない」うちに予防を開始することをお勧めします。

歯周病予防

歯周病の主な原因となるのが、プラークです。
定期的な歯科医院での清掃と、毎日の正しいブラッシングで、プラークの少ない状態(歯周病リスクが低い状態)を保てるようにサポートします。
バナペリオというキットを使った歯周病検査を行うことができます。

歯周病治療

初期歯周病の治療においては、特殊な器具を用いてプラークを徹底的に除去するスケーリングやルートプレーニングを基本とします。
歯周病が重度にまで進行し、顎の骨が溶けてしまった場合には、「フラップオペ」「GTR」等の外科手術により進行の阻止、骨の再生・造成(GBR)を図ることがあります。

bnr_side.png