根管治療

ひたすら丁寧に。
再発防止のためには、
時間と手間をかけた根管治療が欠かせない。

虫歯が歯の根にまで達した場合、再発防止のためにも複雑な歯の根を感染源の除去、緊密に封鎖しなければなりません。これを根管治療と呼びます。
時間のかかる治療ですが、将来にわたる歯の健康のためにも、じっくり、しっかり、治していきましょう。

当院の根管治療

マイクロスコープで再発を防ぐ正確な根管治療

肉眼の3~20倍に術野を拡大できるマイクロスコープは、根管治療の正確性・安全性を飛躍的に向上させました。今までは手さぐりで行っていた治療もマイクロスコープの照明によって明るくなり、確実に精度の高い治療を行うことが可能になりました。

 

マイクロスコープをうまく活用し、感染源を残さず除去、その後も永くご自身の歯を使用していただけるよう努めております。

ラバーダム防湿による安全な根管治療 ※保険適用外

ラバーダムとは、ゴム製のシート上に歯だけを露出させ、口内で隔離するためのものです。
歯だけが隔離されている状態ですから、処置中に細菌を含む唾液、呼気が治療している歯に入る心配がありません。

 

根管内を清潔な状態で治療を進めることによって、永続性があり、病気が再発しにくい治療が可能となるのです。

MTAによる歯を残す根管治療 ※保険適用外

MTAとは、歯科用の特殊なセメントのことです。
従来の歯科用セメントと違い、強い殺菌作用と強い接着力、さらに硬組織形成作用を有しています。

 

また、普通なら抜歯を避けられないような重篤な虫歯であっても、MTAをうまく使用できれば残せるケースもあります。

歯科用CTの併用で病巣を把握

従来のレントゲンでは見落としてしまうような病変であっても、歯科用CTであればより正確に発見することができます。

 

当院では、必要に応じたCTの使用で、リスクを最小限に抑えた安全な根管治療を心掛けています。
※ケースによっては保険適用

bnr_side.png